ごはんと世界と人と。

半年間のルワンダ生活を終え、いまは料理を通じて人を繋げようと躍起しているぽんこつ女子大生の奮闘記です。

固定概念ぶっこわされた話

 

今日は親指〜小指までをキニアルワンダ語でいえるようになりました。

絶対日常で使わない言葉をなんで覚えてしまったんだろう。

 

 

さてさて「アフリカ」と聞いて思いつくイメージは何ですかね

サファリ、赤土、貧困、感染病、黒人、物価が安い、危険、自然

今まで聞いた中でも、だいたいこんな感じでしたでしょうか。

 

私はルワンダにきて、「まじか」と思いました。

何度も「まじか」と思いました。

ボキャブラリー少ないから「まじか」でしか表せないんですが、

本当にいい意味で、私の固定概念が覆されました。

 

これを読んで下さるルワンダに足を運んだことがない皆さまの

アフリカイメージを少しでも変えられたらと思います。

そしてこれはあくまでもキガリの話。

ルワンダはまだまだ広いので、いつか他の地域のことも話せればいいなあと思います。

 

 

〜ぽんのアフリカイメージが壊れた瞬間ベスト3〜

 

3位

「あれここどこだっけ」

 

f:id:ponponponkotu:20160505221452j:plain

 

とにかく綺麗なルワンダの都市、キガリ

空港を降り立った瞬間思ったのは

「飛行機行きすぎちゃって日本帰ってきたのかもしれない」

 

 

とにかく綺麗。道路がある。

東京みたいにマンションがめっちゃ建ってるわけではないのですが、

ヨーロッパの田舎の方みたいな。落ち着いたきれいさ。

あれ。アフリカって、赤土で、ゴミがたくさん落ちててもっとなんかこう、荒っぽいというか。あれ。あれれ。

第一の困惑はルワンダの地に降り立った瞬間起こりました。

 

f:id:ponponponkotu:20160505222441j:plain

 

ルワンダは月1回最終土曜日に、

住民も大統領も総勢で街を掃除する「ウムガンダ」という日が存在します。

そのときに仕事はしちゃいけないので、店とかほぼ閉まります。

今月はサボりました。知らないふりをして、レストランに隠れてました。

 

来月参加しようと思うので、詳細はそのとき書きますが

そのおかげか、街に1つとゴミが落ちていない。

朝は、道でおばちゃんがゴミ拾いや草むしりをする姿を見れます。

もはや日本の渋谷より綺麗。

ルワンダ恐るべし。

 

 

2位

物価わりと高い

場所や店によると思うので、あくまで個人の感覚ですがいちばん驚いた話を。

 

乳製品ほしいな〜と思って、わりと休めの地元スーパーに寄り

アプリコットが入ったヨーグルトを発見。

なんかミニ4パックセットになってる、日本でよくあるこれです。

f:id:ponponponkotu:20160505221210j:plain

アプリコット好きなので「おおおお!」と思い、手にとってレジに直行。

いつも通りだるそうな姉ちゃん店員が頬杖をつきながら、のんびーり会計。

そしてレジに出てきた数字が1200rwf。

日本円で170円くらい。

 

「まあ、ちょい高いけど日本より少し安いくらいか」

 

とおもむろに財布を取り出すと、何やら彼女はのんびーり掛け算をし出す。

 

「1200rwf × 4」

 

あれ。あれれれ。あれれれれれれ。

そしてでてきた数字はなんと「4800rwf」

ドヤ顔をしている(ように見える)店員。

日本円で約680円。ミニヨーグルト4つ。

おいおいおいいおおいおい。

思わず「まじすか!」って日本語がでてしまいました。

日本なら同じようなやつ190円で買えるでしょうに

確認するとどうやらぼったくりではなく、まじでこの値段らしい。

輸入系が高いんですね。

 

ルワンダ国内や周辺国でつくれるものは安い。誤解なさらず。

アボカドとかはおっきいやつ(本当に大きい)1個30円くらいで買えちゃいます。マンゴーも安い。そして美味しいいいいい

 

 

1位

治安がめちゃくちゃいい

f:id:ponponponkotu:20160505223247j:plain

 

私の抱いていた典型的なアフリカイメージ=危ない

昼間でもひとりで歩くのはちょっとこわいなと思ってました。

 

ですがキガリは本当に平和。

万が一をかんがえてあんましないほうがいいんですが、

普通に夜女性がひとりで歩いても大丈夫なレベル。

出国前にあんだけ心配されてたのは何だったのでしょう。

大丈夫です、私がいるとこめちゃくちゃ安全です。

 

なにか事件があるとすれば交通事故か軽いスリくらい。

街中には銃を持った警備のルワンダ人が、街を見張ってたりします。

もはや去年行ったインドネシアやフィリピン以上に安全さを感じるのは私だけでしょうか。

 

そして私が勝手に思ってた「黒人=こわい」は違いました。

めっちゃやさしいやん。

人想いだし、ちょっとシャイだけど

目があってはにかむルワンダの人たちはとてもかわいい。

道ですれちがうと知らない人でもあいさつしてくれたり、

困ってると助けてくれる。

まあ人間性なんて人それぞれなんで、なんとも言えませんが

少なくとも私はルワンダにいる人たちが好きです。

f:id:ponponponkotu:20160505225104j:plain

 景色を撮ろうとしたらうつってくる知らないルワンダ人。

 

 

ルワンダの都市キガリは本当にいい意味で、

私の固定概念をぶっ壊してくれました。

 

 

アフリカにはたくさんの国や地域があって、

それぞれの文化や歴史、言葉、特徴がある。

 

「アフリカは〜だ」って言えるほど単純じゃないし、

一括りにできない複雑さがある。

 

 もし固定概念でネガティブイメージが先行している人は、

まずルワンダキガリに来てほしいです。

 

「アフリカっぽい」というイメージがいかに意味を為さないか

身をもって思い知らされることでしょう。 

 

 

メディアは典型的なアフリカイメージを好みますが、

リアルはもっと色々あるんだよってのがみなさんに伝わるように、

私がみてきたものをそのまま書いていけたらいいなあ。

 

アフリカはレベル高いなって思う人は、

ぜひぜひルワンダキガリにおいでくださいまし。