ごはんと世界と人と。

半年間のルワンダ生活を終え、いまは料理を通じて人を繋げようと躍起しているぽんこつ女子大生の奮闘記です。

22歳になりました。※ルワンダの誕生日ソング付き

 

先月5月30日。

22歳の誕生日をむかえました。

はやい。1年が早すぎる。

 

去年の今頃は、自分がルワンダで誕生日を迎えるとは思いもしなかったです。

 

 

そして特に、

ルワンダで」こんなに盛大に祝ってもらえるとは

思いもしなかったです。

 

 

というのもルワンダには、「誕生日が存在しない人」が多いんです。

 

1994年。

ちょうど私が生まれた年に大虐殺は起きました。

だから親がいない子供が多い。当然誕生日なんて記録されてない。

 

 

日本のマイナンバー的な感じで、

ルワンダ人もひとりひとりIDカードを保持しているのですが、

そこに記載されている誕生日は多くの人が、「1月1日」

 つまり、本当の誕生日がわからないってことらしい

(本当に1月1日の人もいるはずですが)

 

そんなセンシティブな文化の中、

誕生日がちゃんとある人を祝うなんて

誕生日が分からない人になんだか申し訳ない。

 

個人的には自粛しよう。

と思っていたのですが、

なんと当日は、ASIAN KITCHENのみなさまに

盛大なサプライズをしていただきました。

 

 

 

f:id:ponponponkotu:20160603040515j:plain

いつもお世話していただいているASIAN KITCHEN社長とスタッフ。

基本スタッフが撮る写真はブレる。かつ写るスタッフも動くのでブレる。

 

 

 

ということで、今回はルワンダ特有の誕生日の祝い方を紹介します。

 

 

 

 

 

①頭から水をかける

 

普通に仕事をしていたら、社長にキッチン内に呼ばれ

話しているとなんだか首が冷たい。

え、なに、水?!え、雨漏り?!

とか驚いて振り向くとスタッフが、

ペットボトルを持って水をかけてくるではありませんか。

 

「どうしたんだこいつは!!」ってきょどっていると、

 

「PON!HAPPY BIRTHDAY!!」

 

振り返ったら、もう時間的に帰っているはずのスタッフもみんないて、

なんか瞬間的になにが起こったのかさっぱり状態でした。

 

後で聞くと本当はバケツで水をぶっかけるらしい。

ちゃんと量の気遣いはしてくれたみたい。

携帯壊すとこだったよ、ありがとう。

 

 

 

②ケーキの迫力がすごい

f:id:ponponponkotu:20160603040518j:plain

 

同時に歌いながらケーキを持ってくるスタッフ。

 

1本そびえ立つろうそくからはすごい勢いで火花が散る。ばちばちばち

これはろうそくではなくもはや花火。ばちばちばち

ルワンダケーキは花火が特徴みたいです。

 

そしてでかい。とにかくでかい。すごい。

こんな大きいケーキは人生で食べたことがない。

 

f:id:ponponponkotu:20160604045523j:plain

PONの部分を切り取ってわたしにくれようとするスタッフ。

 

 

しかし少し目を話したすきに綺麗に切り取られたPONは、

跡形もなく消えていました。。さよならPON。。

 

f:id:ponponponkotu:20160603040519j:plain

 

このケーキ、スタッフのひとりが手作りしてくれたらしいです。

恐るべしルワンダの料理人。

ちゃんと味も甘くて生地もしっかりしてて美味しい!また日本のとは違った味!

ただ甘いのでそんな量は食べられないです。

 

 

③キニアルワンダ語のバースデーソング

www.youtube.com

 

みなさんご存知の「Happy birthday to you~♪」って歌。

実はキニアルワンダ語も存在します。

素敵な歌声であじきちスタッフが歌ってくれたので、

気になる方は動画をチェック。

 

 

 

 ④誕生日プレゼント

前日に、ルワンダアイセックの子からアボカドをもらったりしていて、

「あールワンダのプレゼントは野菜なのかあ!」って思っていたので

あじきちスタッフからかわいい紙袋を受け取った時は、

「なんの野菜だろう!」と思っていました。

 

f:id:ponponponkotu:20160604143850j:plain

 

あけるとこんなものが。

 

布!!!

大きな布!!!!

そして柄が!しまうま!!!!しましま!!

f:id:ponponponkotu:20160603040517j:plain

わたしが動物柄がすきなのを誰が知っていましょうか。

当日着てた服もくじら柄。

 

どツボです。かわいすぎます。

たまたまなんでしょうかね。

スタッフがチョイスしてくれた布の柄は私のどツボにはまりました。

 

この布を仕立て屋さんに持って行って、

ドレスにしたりスカートにしたり小物にしたりできるんです。

 

さすがに全身しまうまは日本じゃ着れないので、

使用方法を考えようと思います。

 

 

 

⑤顔面ケーキ

f:id:ponponponkotu:20160603040516j:plain

なんと。日本にいたとき散々やられたものを、

ルワンダでもされるとは思いませんでした。 

やり返したらみんなこんな感じになりました。

 

日本みたいに、ばーーん!ってやらないところの優しさを感じます。

 

さらに髪の毛につかないように束ねてくれるスタッフ。優しい。

f:id:ponponponkotu:20160603040512j:plain

 

そんなこんなで、盛りだくさんの誕生日パーティを開いてもらいました。

 

ASIAN KITCHENの女性社長こと、千紗さんが企画してくださったんだと思います。

本当にいつも自由にやらせてもらっている上に、

ちゃんと誕生日を覚えていただいてこんなにしていただいて、

本当にありがとうございます。

同時に、もっと頑張らねばと身の引き締まる思いです。

 

スタッフもケーキつくってくれたり、プレゼント選んでくれたり、

最高の笑顔と歌でむかえてくれて、本当に愛に溢れた職場です。

 

 

22歳の抱負。

「今を全力で生きること」

未来のことで悩みすぎて、今を生きてないときもありました。

 

帰国後の道なんてまだまだ見えませんが、

目の前のことに120%本気になること。

そうやって未来は開けていくんだと思います。

ASIAN KITCHENを少しでも大きくできるよう、微力ながら精一杯突き進みます。

 

Facebookで誕生日投稿してくださった方々、

個別で長文メッセージ送ってくださった方々、

異国の地にいる私に想いを届けてくださって本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。全力で恩返しさせていただきます。

 

 

誕生日が存在することに感謝を。

 

 

最後におまけ。

 

スタッフがとってくれたサプライズ動画。本当に素敵な誕生日でした。 

youtu.be

 

世界は愛で溢れてる。

 

ぽん