ごはんと世界と人と。

半年間のルワンダ生活を終え、いまは料理を通じて人を繋げようと躍起しているぽんこつ女子大生の奮闘記です。

「情報発信しないやつは世界から認識されない」

 

 

ぽんです。ルワンダは今日も平和です。

 

 

突然ですが夜寝る前の時間、みんな何してますかね。

気になります。こっそり教えてください。

 

 

私はというと、

ルワンダでは日本みたいにコンビニも近くになければテレビもない。

ガイアの夜明けもサラ飯もみえない(テレビ番組の話。)

 

目の前にあるのはパソコンと本とぬいぐるみ。

 

 

ということで大抵は考え事か、本を読む(なんだか楽しくなっちゃって、インターンでお世話になった人事の方から借りているkindleで書籍を10冊くらい購入し、まだ1冊も読み終えてない)か、ぬいぐるみを無心で見続けるか、PCをいじっている。

 

※日中はちゃんと働いてます。引きこもりではありません。

 

 

中でも楽しいのはツイッターと記事の読み漁り。

日本や世界の最新情報を常に得られるツイッターは特に出没率高いです。

 

友人はふつうに「最近なにしてるのかな」って気になるので、いつもツイート楽しく見させてもらってます。

発言に個性が出てておもしろいです。

 

あ、飯テロツイートはやめてくださいほんとに。

寿司とかひつまぶしとかラーメンツイートやめてください。たべたい。

 

 

 

あとは「この人フォローしてるとモチベあがるな」とか

「危機感」を自分にもたらしてくれる方々をフォローさせていただいてます。

 

最近は、全く面識がないスカイランドのVC、マックス木下さんをフォローさせていただいたところ、

ルワンダいいね」って急にメッセージが飛んできてTwitterの素晴らしさを感じましたうううおおおありがとうございます光栄です光栄です

 

そしてEvernoteに、気に入った記事やツイートをまとめ続けるという

なんとも地道なことをしています。

 

 

 

 

その中で、今日は刺さった以下のツイートをきっかけに

ちょっと考え事をしました。

 

 

 

 

 

 

ぐさ。

 

 

ぐささ。

 

 

ブログを始めてから特に、

「まさにそういう世界なんだな」って思うことが増えてきました。

 

「発信することの価値」

ってなんぞや。ってのをつらつら書きました。

 

 

 

 

 

①人の頭の中に居続けられる

 

 

自分が読んでた側にいたとき、すごく感じていたこと。

そして書く側になっても感じることでもあります。

 

例えばの話。

中学時代の友達がいて、その人とは5年間連絡を取ってないとしましょう。

FacebookTwitterはつながってるけど、もはや相手の記憶は薄れている。

 

相手の情報はずっと頭の中で更新されないまま、

他の新しい出会いや情報が入ってくるので、薄れていくのも当然です。

 

 

でもその人が毎日ツイートしたり、記事を書いたり、

自分は何をしてるかっていうのを何かの媒体で発信していたとする。

みなさんの周りの毎日ツイートしてる人を思い浮かべてください。

 

 

すると不思議なことに、

それを見ている側の頭の中には、

発信している人の情報が無意識にアップデートされ続ける。

 

 

 

 

つまり、発信し続けることで、それを見ている人の頭の片隅に居続けることができるんです。

 

 

 

 

 

②ファン/仲間が増える

 

 

じゃあなんで相手の頭の中に居続けることがいいのかって話なんですが。

 

同じルワンダで協力隊として活躍する方のブログでも、

なるほど!と思ったものがあるので以下引用させていただきます。

 

xn--rck1ae0dua7lwa.com

 

心理学に「熟知性の法則」というものがあります。その人のことを知れば知るほど好きになるというものです。

 引用元:ルワンダノオト かん吉氏『ブログ起業』GW期間無料!今すぐブログをやるべき2つの理由

 

確かに。

知れば知るほど好きになるはめっちゃ納得。

会ったこともないのに、その人がどういう人で何をしているのかって知るだけで親近感湧きます。

 

わたしは営業でも、新しい人と会うにでも

徹底的にその人を調べ上げてから行く派なので

お会いする前からその人のファンになってるパターンは多いです。

 

 

 

さらに、自分が自己開示し続けるのをためらっていた際、

たまたま見つけたえとみほさんの記事もシェアしときます。超納得させられました。

 

etomiho.com

 

 自分を晒してみることで得られる効能とは。

 

大げさな言い方をすると「ファン」ができることだ。

私自身も、日々いろんな人の書く文章を読んで「この人すごいなぁ」とか「わかるわー」とか「会って話してみたいなぁ」とか、好意的な感想を持つことがある(もちろんその逆もあるが)。

 

毎日誰かのファンになっているのだ。

 

日頃よく顔を合わせている人であっても、その人がどんな信念を持っていて、何を大切にして生きているかというところまではわからないものだ。それがふとした瞬間にSNSやブログを通じて垣間見えると、それだけでなんだかその人との距離が縮まったような気がする。

 

 

いやー、なるほどとしか言いようがない。

えとみほさんすごい。

これ読んでから「ちゃんとブログ続けよう」って思えました。

 

 

 

自分を晒す恥ずかしさやリスクも大きいです。

 

でもそれ以上に、

発信するからこそ得られる価値や応援してくれる方々が増えること、

ブログをやってみて初めて気付きました。 

Facebookの友達申請や、知らない人から繋がりたいって言っていただくことも増えました。

 

 

実際自分は未熟すぎるので、ファンをつくるとかはおこがましすぎるのですが、

「仲間」と呼べる存在が少しでも増えるのは死ぬ程嬉しいです。

 

 

 

 

 

③社会から認識されやすくなる

 

最近は、就活において履歴書ではなく

その人のSNSを見て人格や能力判断する企業も増えてきてるみたいです。

 

blog.tinect.jp

 

採用可否までいくかは分かりませんが、

私が人事だったら確実にこれはやってます。

 

見知らぬ相手のことを知るのにてっとり早いし、意外とSNSは相手の価値観とか見えてくるツールだと思います。

 

 

どんな人とどれくらい繋がっているか、

どんな内容をどんな頻度で発信しているか。

何にお気に入りをして、どんな媒体をつかっているのか。

 

 

エンジェル投資家の松山大河さんが、投資する前にこういう情報全部チェックしてるのは有名な話ですよね。SNS、人間性見えますもんね。

 

 

社会は、リアルで向き合った時意外にもあなたを判断しているようです。

全部ネットに書いたものは誰かにみられています。

一見こわいですが、それを逆手にとってうまく利用しちゃえば、

影響力が大きい自分の「武器」になるはずです。

 

 

 

 

 

 

最近はわたしも微力ながら、こうやって発信させていただいているのですが、

長年連絡を取ってなかった友人や恩師からコメントをいただいたり、

知らない方から「是非お話したいです」と言っていただけたり、

たった1度しか会ってないような方から「いつも応援してるよ!」とメッセージをいただくことが増えました。

 

ありがたすぎます本当に。。

 

 

そういった繋がっていただいてる方々の頭の片隅にいれることが

私は最高に嬉しいです。

 

 

 

 

なぜかって?

最後に、ONEPIECE先生に聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

「人はいつ死ぬと思う?」

 

 

 

f:id:ponponponkotu:20160608073821p:plain

 

f:id:ponponponkotu:20160608073648j:plain

 

 

 

 

その人がいなくなっても、その志が誰かの胸に残り続けているなら

人はそこで生き続ける。

 

 

「おれが消えても、おれの夢は叶う」

 

 

 

ビジョンを掲げる「組織」は、そのためにあるんじゃないかって。

そこにいる人がいなくなっても、夢は、意志は残り続け、

引き継がれ、やがて実現する。

 

 

 

受け継がれる意志。

 

 

 

自分が掲げるビジョンは、きっとすぐに達成できるほど甘くないから、

私も人の心に残り続ける人でありたい。

 

時代を超えて、意志が受け継がれるくらい、

自分も夢にまっすぐに生きなきゃなと。

 

 

私はこれを読んでくださるみなさんの頭の中の、

ほんの片隅に生き続けたいので

まずはちゃんと発信し続けることにします。

 

 

そして、私の頭の中に居続けてくれる方々も大歓迎です。

全然スペースあいてますよ!!笑

 

 

 

長文になってしまいました。

ここまで読んでいただいた方は尊敬です。

私だったら3行目くらいでダウンしてます激弱です。

 

 

ではではおやすみなさい。

 

 

 

P.S. 本当にいつもいいねやコメント、シェア、メッセージくださる方々には頭があがりませんほんとにありがとうございます。ちゃんといいねしてくれる方などもひとりひとり見てます。絶対に恩返しできるくらいの人間になりますので待っていてください。感謝感謝感謝。

 

 

P.S. again

VC木下さんがこちらでこの記事を紹介してくださいました。

これ見たスタートアップの皆様はブログやりたくなること間違いなし。

木下さん!ありがとうございます!!

labs.skyland.vc

  

リツイートや引用してくださった方々、

本当にありがとうございます。驕らず謙虚に頑張り続けます。