ごはんと世界と人と。

半年間のルワンダ生活を終え、いまは料理を通じて人を繋げようと躍起しているぽんこつ女子大生の奮闘記です。

ルワンダ・キガリで生活する上で知っておきたかったこと

 
 
WiFi悪すぎてブログ投稿できず、記事が下書きのままたまっているぽんこつです。
 
 
そして先日素敵なお客さんが。
 
高校からの戦友であり、親友である友人がルワンダに来てくれました。
 

f:id:ponponponkotu:20160703054214j:plain

 
友達きてくれるとこんな嬉しいんだってくらい嬉しいです。
いつもの10倍くらい機嫌がいいです。
 
彼女はオーストラリアのメルボルンでイベント企画運営を先頭切ってやったり、
留学中の休みにアフリカに訪れちゃうなんともパワフルガール。
 
彼女とは目指すものやビジョンが見事に重なるので、
いつかいっしょにコトを起こしたいと思ってます。
今回はその議論も含め、存分にルワンダを好きになって帰ってもらうぞおおお
 
 
 
 
今回はこれから立て続けにルワンダ首都キガリに来てくれる友人たちに向けて、
はたまたルワンダにこれからくる方々に向けて。
 
わりとどうでもいい内容ですが、
私がこれは先に知っときたかったああああああああ
っていうキガリの文化をちょっと紹介します。
 
 
 
 
 
キガリで生活するうえで
知っておきたかったこと独断リスト by ぽんこつ
 
 
 
 
 
 
◎ブッフェは1度盛りのみ
 
なんとですね、ルワンダの食事は基本ブッフェスタイル。
ひとつのお皿に好きなものを好きなだけ盛ります。
わりとどこに行っても、ブッフェがあります。
 
 
あれ?ビュッフェ?正しい言い方がわからない。ブッフェ?

 

 

写真はこちら。

f:id:ponponponkotu:20160703001542j:plain

 

こめ、こめ、芋、ウガリ、芋、スープ、野菜。

 

THE 炭水化物。

 

全種類盛りです。これで2000rwf(300円くらい)

ここはわりとちゃんとした店ですが、

肉は別料金で1ピース500rwf(80円)とられるそうです。

ケチなのでやめました。

 

f:id:ponponponkotu:20160704013737j:plain 

 

 

さてここで気をつけたいのは、「ブッフェは1度きり」ということ。

 

 

日本の感覚でいってはいきません。

ルワンダのブッフェに2周目はありません。

 

私は最初それで痛い目にあいました。

 

2周目いけると思って、最初様子みで3種類くらいを盛り、

お、これは美味しい。と思いもう1度盛りに行こうとしたら

スタッフに何してるんだ!!

といわんばかりの勢いでストップされました。

 

ええ

 

えええええ

 

 

だって私芋しか食べてないよ?

あれ、まだおなかすいてるよ? 

 

わがままいってもだめなものはだめ。芋しか食べれなかった。

 

最初から言ってくれよ。

 

知っときゃよかった。芋3種類に2000rwf払ってしまった。

これからキガリを体験する方々はお気をつけください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎おしゃれには気を使うべし

 

「アフリカだから半袖半ズボンでいいだろう」

 

 

 

なめてました完全に。

 

 

そもそも着飾ってもそんな自分は変わらないと思っている&オシャレに疎いぽんこつ。

(この時点で女の子としてどうなのか)

 

 

そしてところがどっこい。

 

 

キガリの女の子たち、めっちゃオシャレでした。

 

 

 

f:id:ponponponkotu:20160703051617j:plain

現代風のファッション。

バックとかよくおしゃれなのが売ってるのを街で見かける。

 

 

 

f:id:ponponponkotu:20160703051346j:plain

 伝統衣装をうまくつかいながらのファッション。カラフルでかわいい。

 

 

撃沈。

 

 

アフリカをなめていた。

 

 

 

あと驚いたのはめっちゃ「靴」にこだわるルワンダの人。

 

 

スニーカーで出勤するとがっかりされます。

パンプスやヒール系は喜ばれるんですが、

少しでもパンプスに砂汚れがついてると、めっちゃ指摘してきます。

足元見過ぎでしょ!ってくらい毎日チェックしてきます。

 

この前は私のパンプスがあまりにも砂まみれだったので、

知らない間にスタッフが洗ってくれていました。

ごめんよ足元おろそかで...。

 

 

足元がクロックスのぽんこつ。

この写真を見たスタッフに笑われる始末。

※理由は靴がクロックスだから

 f:id:ponponponkotu:20160703053802j:plain

いいじゃんクロックスで。履きやすいんだもの。

 

 

聞いたところによると、

服装や身なりはその人のステータスを表すらしいです。

初対面の人には無意識にファッションチェックされてる可能性あるので、

キガリくる人でビジネスやる人は気をつけたほうがいいかも。

 

男性は襟付きシャツやジャケット、革靴、時計までしてれば完璧です。

女性は伝統衣装か、丈の長いドレス、時計、ヒールの靴、おしゃれバックなど。イヤリングなど小物にもこだわります。

 

毎日その格好でいる必要はないですが、

大事な時にはちゃんとした格好でいるのがルワンダスタイルです。

 

 

 

 

◎ソーダの瓶

 

こっちは基本コーラやファンタを瓶で飲みます。

よく冷やされたソーダを冷えた瓶で飲むの、めっちゃ美味しいです。

 

私のお気に入りはファンタシトロン(レモン)。そればかり飲んでます。

 

f:id:ponponponkotu:20160704161508j:plain

 

さてさて、スーパーや小さい現地の店でよくソーダを買うのですが

それが普通は500rwf(70円)くらい。まあ安い。

 

でもある日レジに並ぶ前の人が300rwf(50円)くらいで買ってるのを発見。

 

 

これは差別か。

私が現地人ではないから高い値段で買わされているのか。

 

 

 

...というわけではなかった。

 

なんとソーダの空き瓶を持っていくと、300rwfで購入できるシステムだったのだ。

わりとどこでもこのルールは適用される。

 

言ってくれよおおおおおおおおおお

インターン先(レストラン)に空き瓶なんて山ほどあるよおおおお

 

たかが200rwfの差。超節約家のぽんこつには大事なお金。

みなさん、もしルワンダでお金をケチりたいときは

ぜひ空き瓶を持っていってね。

 

 

 

 

 

 

まだまだあるんですが、気付いたらだいぶ長くなってしまったので

ここらへんでやめときます。

 

 

ぜひルワンダキガリに来るときはお声かけください!

 

 

 

ぽん